今や着る機会が少なくなった袴は必要となればレンタルしたい

日本の美を受け継いだ袴レンタル

着物を気軽に楽しみませんか?

着物には種類があり、場所に合わせて格を合わせる必要があります。着物の格の順としては、黒留袖・色留袖・訪問着・付け下げ・色無地・小紋・紬となっています。中でも、黒の紋付は最高礼装です。着物を選ぶ際にはそれらを考慮して選ぶことになります。
訪問着などは結婚式や入学式、卒業式には適していますが、気軽に楽しむのには向いていません。気軽に着物を楽しむのであれば、小紋や紬が向いています。また、木綿の浴衣やプレタと呼ばれる洗える化繊の着物もあります。それらは柄や素材にもよりますが袋帯、名古屋帯、半幅帯など、帯を変えるだけで大きく装いを変えて楽しむことができます。また帯止めをつけてみたり、帯飾りをつけてみたりとアレンジがいろいろと可能でおしゃれを楽しむことができます。
着物を着る機会が減ってきている一方で、着物に触れる機会を増やそうといろいろと企画がなされている場所もあります。それは呉服屋さんが企画している場合もありますし、街興しのひとつとして着物を着て町を歩いたりランチを楽しもうという機会もあります。観光名所では浴衣をレンタルできて着付けてくれたりするところもあります。海外からも着物は伝統衣装として注目されています。着物を触れる機会を増やすことで着物のよさを今一度再確認できるのではないでしょうか。

おすすめ記事

袴レンタルは手入れが楽です

袴は購入して着用する方法と、レンタルをするという方法がありますが、レンタルをするとい…

»readmore

着物だけじゃない、帯の格

着物には、状況に合わせて着わける「格」があると言います。礼装着や略礼装着というのを聞…

»readmore

着物を気軽に楽しみませんか?

着物には種類があり、場所に合わせて格を合わせる必要があります。着物の格の順としては、…

»readmore

着物の種類は多いけれど

『着物って種類が多くてよく分からない。ややこしそう。』と思う方は多いですが、着物とは…

»readmore

TOP